遺品整理は大変ですよね。家族・親族とはいえ、人のものを片付けるというのはただでさえ大変ですのに、遺品となると、「これ何?いるもの?いらないもの?」と尋ねる相手もいませんから、ガラクタなのか価値があるものなのか判別が難しいものがあると思います。さらに、遺された親族が多ければ、誰に何を分けるのかとかもモメたりするので大変です。

遺品整理で困るものはいくつかありますが、その中のひとつが、切手などの故人のコレクションではないでしょうか。切手コレクションが出てきたとして、「じいちゃん、切手好きだったなあ」と思い出話に花が咲くのであればまだましです。「え、おじいちゃんて切手なんか集めてたの?!」「こんなに大量に出てきてどうするの、これ」と慌てることも少なくありません。切手コレクションも、熱心な方であればファイルにして何冊も見つかったり、ダンボール数箱分という人もいますからね。

大量の切手が出てきても、捨てないでください。切手は価値があるものです。また、中にはプレミア切手が混ざっていることがありますから、宝の山である場合すらあります。遺品の切手をスッキリ解決!するためには、大量の切手でも査定してくれる切手買取業者を呼んで相談してみてくださいね。